三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。七五三参りのお母様のお着物について。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタル、及び、着物、呉服関係を扱っておりますおく宗です。秋の気配が日々感じられる今日この頃です。今回は、七五三参りでのお母様のお着物について綴っていきたいと思います。
七五三は、お子様の成長の無事を願い、また成長の喜びをお祝いする儀式です。お子様がお着物をお召しになられるせっかくの良い機会なので、お母様もお着物をお召しになっていただきたいと思います。お子様が主役といえども、お母様もここまで無事育てたという節目として、一緒にお着物をお召しになられてはいかがでしょう。では、どんなお着物を着るかですが、一般的には準礼装が良いかと思います。準礼装とは、訪問着や付下げ、色無地や江戸小紋が無難です。訪問着は、お袖から胸、肩、裾にかけて一枚の絵のように模様が染められており、縫い目のところもきちんと柄が合うようになっています。このような柄付けを絵羽文様と呼びます。付下げは、胸、袖、上前に模様が染められていますが、飛び柄になっており、縫い目のところでの柄合わせはありません。訪問着に比べると、柄が少なく軽い印象になります。最近では、柄の少ない訪問着や、逆に柄にボリュームのある付下げもあったりであまり厳密に区別できない着物もあります。色無地は読んで字のごとく柄がないので、控えめな印象になりますし、江戸小紋も柄が細かく遠目で見ると無地っぽく見えるので、こちらも改まった装いになります。どちらも紋が入っていますとさらに格が高くなります。また、普通はおしゃれ着とされている小紋も身内であるお子様の七五三参りでしたら、お召しいただいて大丈夫かと思います。お客様を招いたり、お呼ばれでお出かけする際には、相手様あってのことなので、着るものにも気遣いが必要になってくる場合もあると思いますが、お子様のお参りなので、もしお母様自身がお気に入りの小紋があるとか、お祖母様のお形見の小紋のお着物があってお召しになりたい場合は、ぜひともお召しいただくことをお勧めいたします。
おく宗では、お子様の七五三参りにお母様にお召いただけるお着物をたくさんご用意しております。ご購入もレンタルもどちらのご用意もございますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。
お子様の晴れの日に、ぜひとも若き日の母の美しい姿を残しておいてくださいませ。

Follow me!