三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。七五三のお着物について。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタル、及び、着物、呉服関係全般を扱っておりますおく宗です。今日は、七五三のお着物について綴っていきたいと思います。そもそも七五三のお祝いとは、成長の節目に衣服を改めて、無事成長したことのお祝いや、これからの幸運を神社で祈願する行事です。女の子は三歳と七歳、男の子は、三歳と五歳でお参りします。昔は、数え年でお参りされていましたが、現在は、満年齢でお参りされるかたのほうが多いのではないでしょうか?または、ご兄弟で一緒にお祝いされたい場合は、一人は数え年だけれども、もう一人は、満年齢でというご家族もお見受けします。古く公家社会や武家社会で行われていた「髪置きの儀(三歳)」「袴着の儀(五歳)」「帯解きの儀(七歳)」といった儀式が原型といわれています。日取りは、11月15日とされていますが、現在は11月中に親御さんのお仕事の都合が良い日にお参りに行かれる方が多いと思います。三歳の女の子は、着物に被布コートをお召しになられても、帯を締められても良いですが、まだまだ体も小さいので、被布コートの方が楽かもしれません。お宮参りの時に初着をお求めいただいている方は、お袖のお直しと肩上げ、腰上げをしていただければ、着用可能ですので、ぜひご活用ください。(三歳の男の子も同様です)三歳の男の子は、着物に袴のみを付けて完成ですが、五歳には、これに羽織を羽織るのが正式とされています。五つ紋を付けるのが正式とされてきましたが、今はおしゃれな物も多く、飾り紋が付いていたり、紋が無くても差し支えありません。七歳の女の子は、四つ身断ちの本格的な振袖に帯を締めます。この年代になると体もしっかりとし、さながら成人式の振袖の小型版といったような趣です。肩上げ、腰上げで子供らしさがでます。もうこの年代になると、お嬢様自身のお好みがはっきりしてきますので、この着物が着たいと主張され、それも成長の証だなと頼もしく思います。
お母様、お父様の子供の時のお着物をご使用になる方もいらっしゃいます。20~30年前の着物でも、形は全く変わらないので使えてしまうのは、着物の良いところですね。ただ、やはり古いシミや汚れが目立つ物も多くあります。クリーニングで取れますか?とお問い合わせをいただくことも多いのですが、クリーニングでは取れないので、しみ抜きをお勧め致します。一つ一つのシミを職人さんが取ってくれますので、それなりにお値段とお日にちはかかりますが、目立たなくはなります。なかなか完璧には取りきれない事も多いのでそこはご了承いただければと思います。しみ抜きなどされる場合は、ご着用になる1~2か月前にお預かりさせていただけますとありがたいです。また、肩上げ、腰上げのお直しも2~3週間、混んできますとそれ以上かかりますので、早めのご準備をお願いできればと思います。おく宗では、七五三レンタルのお着物もご用意がございますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

Follow me!