三重県伊勢市で振袖・振袖レンタル・着物を扱っておりますおく宗です。卒業式の袴について。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタル及び、着物関係全般を取り扱っておりますおく宗です。今回は、今、シーズン真っ最中でもありますが、卒業式の袴について綴っていきたいと思います。
まず、女子大学生さん、専門学校生さんの卒業式といえば、袴姿が定番ですが、近年では、小学生のお子様も袴を着用される方が多くなりました。現在の卒業式袴のルーツは明治時代の女学生さんまで遡るようで、当時も多くの女性から憧れの対象とされていたようです。普通の着物とも違い、袴姿はまた趣があって良いものです。袴に合わせる着物のお袖丈には、特に規定はありませんので、学生さんの場合、振袖をお持ちでしたら振袖に合わせていただいてもいいですし、お母様の色無地や附下・訪問着・小紋があれば、それに合わせていただく事も可能です。宝塚音楽学校の卒業式では、黒紋付きに袴と決まっておりますので、卒業される際には、黒紋付きをお召しになります。黒紋付きは、いわゆる皆様が喪服だと思っていらっしゃる方が多いですが、正式名称は、「五つ紋付の黒紋付き」といい、かつては弔事だけでなく、慶事にも使われていたようです。実は五つ紋なので、一番格の高いお着物という事になります。それをお召になって卒業されるというのは、宝塚音楽学校の歴史と重みを感じられますね。
一般的には、袴とお着物をレンタルされる方が多いのかと思いますが、レンタルで袴用として利用されている着物は、小振袖という袖丈80㎝ほどのお着物が多いと思います。また、「袴の時のトイレはどうするの?」という疑問を持っていらっしゃる方も多いですが、袴は、「あんどん袴」といっていわゆるスカートになっていますので、心配ご無用です。剣道などに使われる「馬乗り袴」は、慣れていないとちょっと大変かもですね。
また、最近では、教員の方の袴の着用が以前より増えたように思います。これも素敵な事だと思います。先生が、袴を着用して下さることは、やはり生徒達への何よりの餞(はなむけ)となりますもんね。
先日お越しになられたお客様は、長年お勤めになられた職場を定年退職される際に袴をお召しになられたいとのことで、お越しになりましたが、そんな機会にお召しいただくのも素敵な事だなぁと私共もとても嬉しく思いました。
また、袴の履物は、草履でもブーツでも大丈夫です。草履の方が古風な感じに仕上がりますし、ブーツですとモダンな印象になります。ブーツは、一般的には、少しヒールのある編み上げの物が一番合うのかなと思いますが、わざわざ袴のためだけにそれを購入するのももったいないので、普段ご使用いただいている紐なしのブーツでもよいのではないでしょうか。また、ドクターマーチンのブーツもお選びになられたお着物と袴のデザイン次第では、よりかわいくおしゃれになりますので、おすすめです。
このコロナ禍で、卒業式がなくなってしまった学校もありますが、ほとんどの方は、社会人になると袴は着用機会がなくなってしまうという事で卒業式がなくても学校へ卒業証書を受け取りにいく際に、袴を着用される方が多いです。かわいい袴姿、友達と写真に残しておきたいですもんね。

Follow me!