三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っております呉服屋のおく宗です。振袖について。

三重県伊勢市で、着物及び振袖・振袖レンタルを扱っております着物屋のおく宗です。振袖について日々思う事を綴っていきます。昨今、ママ振り、いわゆるお母様が成人式にお召になられた振袖をお召しになる方が増えています。洋服でも古着をおしゃれに着るというジャンルはありますが、ママ振りはまたその感覚とも少し違うのかなと思います。振袖のかたち事体は全く変わっておらず、古典の柄行であれば、現在あつらえた物と全く引けを取らず、むしろ二十数年前のバブルまっただ中の振袖は、生地も染めも良く、小物さえ今の物に変えれば、素敵に着ていただけます。何より洋服と違うのは、購入された時、お召しになられた時の思いではないかと思います。振袖を購入または、レンタル、ママ振りの小物合わせ、いずれもお嬢様一人で決められる事はまれで、必ずどなたかとお越しいただき、お選びいただきます。それは、洋服のように選び慣れていないこともあるとは思いますが、選ぶ振袖の色や、柄にご両親や祖父、祖母様、ご家族の思いが込められるからではないでしょうか?特に振袖・お着物の文様には様々な縁起の良い物が描かれています。ちょっと今風なモダンなデザインのお振袖にも、着物ならではの柄が入れられています。その文様には、繁栄であったり、厄除けであったり、縁起物であったり、高貴な文様であったりと、色々な良い意味を持たせてあります。だからでしょうか、着物を着ると気分が上がったり、特別感が増したりします。いわゆるハレ着なのだと思います。私は、着物屋なので、やはり着物を着用する機会は多いと思いますが、若いころは、洋装っぽいモダンな物を好んでおりましたが、最近は古典文様の奥深さに魅せられ古典文様に惹かれます。そして、その古典文様を身に着けるととても気分が良くなります。着物はあんまり着ないからもったいないというお言葉も頂戴しますが、特別なハレの日に着るからこそ、心豊かになるのだと思います。そんな晴れやかな気持ちでお母様がお召になった振袖を同じ思いでお嬢さまが着ていただけるのは、着物ならではないかと思います。お嬢様が生まれてから二十年、あっという間でもあり、長い道のりでもあったと思います。そんな節目のお手伝いをさせていただけるのは、うれしい限りです。