三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。振袖着用時に気を付けていただく事。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタル、および着物・呉服全般を取り扱っておりますおく宗です。
今回は、振袖や着物を着た時に、気を付けていただく事を綴っていきたいと思います。
普段、洋服で過ごすことが当たり前の私たちにとって、着物を着た時に思わず困ってしまったり、失敗してしまったり、着ている間は気づかなくても、後で写真を見て、恥ずかしくなったりすることが多々あります。
まず気を付けていただきたいなと思うのは、姿勢です。これは、振袖や着物だけにに限らず洋服着用時もそうなんですが、特に振袖や着物をお召しになった時は、縦のラインが強調されます。その縦ラインをより一層生かすのが、姿勢を正すことです。そして、着物をお召しになると普段より落ち着いた雰囲気を醸し出すため、姿勢が悪いとより年齢が上に見られてしまう事があります。やはり、姿勢を正すことで、より美しい立ち姿と、凛とした佇まいを醸し出すように、意識して背筋を伸ばしてお召しいただきたいと思います。姿勢を正すだけで着姿の美しさが格段にアップします。そして、歩く時もあまり小股になりすぎない事です。着付けで裾が開かない時には、一度思い切り足を開いて裾が開くようにしてみてください。そうすることで、自然な歩幅で歩いていただけると思います。
また、着物をお召しになった時は、必ずお写真をお撮りになるかと思いますが、その時の足先に気を付けてください。つま先が開いている方がとても多いです。必ずつま先は閉じて、内またになるようにしてください。特に振袖前撮りされる時などは、写真館の方などが直してくださるのですが、成人式当日や、式が終わってお友達とお出かけされる時などは、誰も直して下さらないので、自分で意識して忘れないいようにしてください。
振袖着用時は、特に気を付けていただきたい事がたくさんあります。というのもやはり、お袖が長いので、扱いが大変なうえ、着物に慣れていらっしゃらない方がほとんどなので、トラブルが多いのも事実です。
まずは、トイレが大変です。長いお袖をトイレの床に付けないように、袖を腕に巻きつけるか、クリップまたは、洗濯バサミなどを鞄に入れておき、袖の裾を帯に留めていただくのも良いかと思います。

そして、椅子に座る時も、必ずお袖を膝の上に載せてください。そのまま床に垂らしておくと、汚したり、もしくは立ち上る時に、自分で振袖の袖を踏んでしまって、袖付けがほつれてしまう事もあります。車の座席に座る時も、振袖の袖を車のドアで挟まないように必ず膝の上に袖を乗せておいてください。

車に乗り込む時には、お尻から先に座席に腰掛け、そのあと足を移動させます。

階段の昇降時にも、着物の裾がはだけないように、かつ、振袖の袖を踏まないように手で持ってください。

気を付けなければいけないことが、たくさんあって大変かもしれませんが、動作に限りがあることで、上品でエレガントにみえます。
どうぞ普段とは違うあなたを見せて下さい。それが、着物を着る楽しみにもなるはずです。

・振袖着用時の注意点について

Follow me!