三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。振袖の値段について。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタル、および着物・呉服全般を取り扱っておりますおく宗です。
今日は、振袖のお値段についてのお話です。お嬢様の成人式が近くなると「振袖って購入するといくらくらいするのだろう?」「レンタルはおいくらくらいなのだろう?」と思っていらっしゃる方も多いかと思います。振袖のお値段の幅は、非常に広く、振袖一式で、20万円弱くらい~上は、数百万円の物までございます。数百万円の物は、あまりに極端な例ですが、きぬたやさんの総絞りなどは、職人さんが数か月あるいは、1年以上かけて作り上げるいわゆる伝統工芸の美術品でもあります。絞りだけではなく、他の着物の伝統工芸品もそうですが、近年、職人さんの数が激減し、商品自体も少なくなっておりますので、これらの物は、益々お値段が高くなるのではないかと思います。
一般的な振袖購入の場合のお値段は、だいたいセットで20万円くらいから50万円くらいでご購入いただく方が多いのではないでしょうか。バブルのころは、振袖は購入する方のほうが多く、相場もセットで60万円~100万円くらいの振袖が良く売れていました。比較すると、今はかなりお求めやすいお値段になっています。祖母様の世代の方がいらっしゃると、振袖の価格の差に驚かれる方も少なくありません。振袖レンタルの相場としては、セットで15~20万円といったところでしょうか。では、その振袖のお値段は、何で決まるのでしょうか?お値段を決める様々な要因がありますが、大きな要素としては、生地、染め、加工があります。
まずは、生地ですが、振袖といえば、通常は正絹、いわゆる絹100%です。絹には、様々なランクの物があり、お値段が張る振袖ほど、生地が柔らかく重みがあります。生地の織も、縮緬(ちりめん)という「しぼ」のある生地であったり、綸子(りんず)という少し艶のある生地であったり、お好みもあるので、いちがいにどれが一番良いとは言えませんが、良い生地ほど着姿が綺麗に決まります。現在では、いわゆる「洗える着物」と言われているポリエステル製の振袖もあります。こちらは、振袖単体であれば、¥65,000(税別)くらいからあるので、セットで20万円までくらいで一式揃えることが可能です。柄行きも割と冒険した個性的な物もそろっているので、他の人と差をつけたい方には、ポリエステルのお振袖も人気です。
染めは、職人さんの手描き友禅などは、やはり製作に日数がかかりますので、お値段が上がります。白生地に下絵を描き、下絵に糊を引き、一筆々色を置いてゆく作業は、大変根気のいる作業です。型友禅も型枚数が多ければ、多いほどそれに比例したお値段になります。それに、絞りが入ったり、金彩加工や刺繍が入ったりするとだんだんとお値段がプラスされてゆきます。振袖自体のお値段に、帯や小物もランクが上の物を合わせていく場合もまたお値段が変わっていきます。最近では、コンピューターによる型染めや、インクジェットプリントの技法を応用した振袖なども出てきたことで量産可能となり、ある程度お値段抑えた振袖も沢山ございますので、お値段とお好みとの折り合いをつけて選ばれると良いと思います。
洋服と違って、普段あまり振袖や着物をお買い求めいただく事が少ない分、どのくらいの物が、おいくらくらいするものなのかわかりにくいと言われます。しかし、お店で実際に手に取って比べていただくと、皆様ご納得いただく方がほとんどです。ただ、やはり、物にばかりこだわってしまうと、ご予算に合わなくなってしまう事もありますので、振袖やお着物をお選びになる際には、まずは、ご予算を決めておき、お店の方にもしっかりとお伝えいただくのが良いかと思います。
皆様、お気に入りのお振袖に出会われる事をお祈りしております!!

Follow me!