三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。ママ振袖について。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。何年か前から「ママ振袖」という言葉が使われるようになりました。そう、いわゆる「お母さんの振袖」を意味します。成人式にママ振袖で出席される方も多くなりました。20~30年経っても着る事が出来るというのは、着物ならではですよね。特にその年代の振袖は、品質の良い物が多く生産されていました。それだけにかなりの金額でお買い求めになられた振袖もお見かけします。生地もどっしりと重く、染や加工も手の込んだ物が多いのです。親子代々で着る思いも、何ものにも代えがたいものがあります。ですが、振袖にシミや黄変が起こっている場合も少なくありません。そこで、よくお問い合わせいただくのが、「クリーニングでとれますか?」というものです。ママ振袖についてしまったシミや黄変は古いものが多く、残念ながらクリーニングでは落ちないことが多いです。しかし、職人大国日本では、悉皆屋さんというシミ抜き、黄変直しを専門にしておられる職人さんがいらしゃいます。その悉皆屋さんにお願いしますときれいに直るものもあります。中にはどうしても取れないシミ等もありますが、その場合はそのシミの上から柄を置いてもらったりする事もできます。お値段は、シミの大きさや量、種類によって変わりますが、無料で見積もりもさせていただきます。また、全体的にシミが出ている場合は、振袖の地の色を染め変える事もできます。これは、かなり大仕事になりますので、ご相談ください。
そして、もうひとつ多いお問い合わせが「寸法」の問題です。お母様とお嬢様の身長、体格が同じくらいもしくは、2~3cmくらいの違いですと、そのままその振袖を着ていただくことができます。また、お母様よりお嬢様の方が身長が小さい場合も、着付けで融通が利きますので問題なく着られます。ただ、極端に身長差がありますと、袖丈の長さを短くしなければいけない時もございます。問題は、お母様よりお嬢様の方が身長が大きい場合です。この場合は、振袖の身丈(振袖の縦の長さ)が短くなるため、お端折りが出なくなります。また、裄寸法(腕の長さ)も短くなります。この場合は、寸法直しが必要になってきます。こちらも、無料でお見積りいたしますので、ご相談くださいませ。
また、ママ振袖を着られる場合、小物類(半衿、伊達衿、帯〆、帯揚、ぞうり、バッグ)を変えるだけで、違った雰囲気になります。小物合わせをご希望の場合は振袖、長襦袢、帯をお持ちくださいませ。他店購入のものでも全然かまいませんので、気にせずお持ちくださいませ。