三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。振袖の柄について。

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。今回は、振袖の柄について色々と綴っていきたいと思います。

振袖の柄、着物の柄といって思いつくのは、まず古典柄ですよね。しかし、一言で古典柄といっても細かく分けるといろいろあります。まずは、いわゆる『慶長文様』と呼ばれる江戸初期の慶長年間を中心に,上層階級の女性達がもちいた小袖の模様のことです。刺繍、箔、絞りなどで埋められた装飾は豪華そのものです。文様は、植物を始め、鳥や御所車、宝尽くし、風景など様々な文様が用いられ、その文様にも色々な意味が込められています。(この文様の意味はまた後々解説していきたいと思います。)現代では、この慶長文様を振袖に用い、豪華で華やかな晴れ着として成人式にふさわしいものとなっています。この豪華な文様は、いかにもきものらしいということで、外国の方にもとても人気がありますね。
次に、古典柄の一種として『大正ロマン』があります。江戸時代より、少し歴史は下って、明治維新以降西洋の文化がはいったことにより、日本と西洋のいいとこ取りな感じがします。植物の文様が多かったり、曲線的なラインが感じられるのは、おそらくその時代西洋の「アールヌーボー」の影響を受けたのではないかと思います。装飾も金彩・銀彩は少なく、染めで表現されるものが多いのが特徴です。いまでもこの時代のアンティークの振袖が多く残っており、大変おしゃれなものが多いです。そのため、この時代のデザインをリバイバルしたきものも多くあります。この時代、振袖を誂えられるのは、良家のお嬢様だけですからね。大正・昭和初期、いわゆる太平洋戦争に入っていくまでは、着物の一番充実していた時期なのかもしれませんね。

次にモダン柄もいくつか種類があります。まずは『昭和レトロ』。特徴としては、幾何学文様やカラフルな色彩、同じ植物模様でも図案が単純化されています。
ポップな印象が二十歳世代には人気があるようです。少し懐かしい感じがおしゃれ感をアップさせてくれます。このテイストに着物らしい古典柄を少しだけ配したものも出ています。
『アゲハ系』いわゆる夜の蝶をイメージした大人でカッコイイ柄も人気です。配色も極力抑えて、大胆な柄どりであったり、金彩、銀彩をふんだんに取り入れているものも多くみられます。植物の柄としては、薔薇やボタンなど存在感のある文様が大きく配されています。大人っぽい方や、身長の高めの方によく合います。
『ガーリー系』『カワイイ系』その言葉通り、女の子らしいカワイイ感じの柄です。洋服のドレスのような感覚の振袖は、二十歳ならではの着こなしをしていただけます。地色もピンク、黄色、白など明るめの華やかな色が多くみられます。たくさんのお花で振袖全体がおおわれていたり、ラインストーンなどがついている振袖もあります。衿や帯揚などの小物にもレースやパールなどを入れて、より華やかでカワイイ印象に仕上げることもできます。
さて、あなたはどんな振袖がお好みでしょうか?