三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルを扱っておりますおく宗です。振袖コーディネートの一風景

三重県伊勢市で振袖・振袖レンタルをあつかっておりますおく宗です。新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。2019年おく宗は創業200周年を迎える事が出来ました。これもひとえにお客様のご愛顧あってのことと感謝申し上げます。これからもなお一層皆様と着物をおつなぎできますよう精進していきたいと思っておりますので、更なるご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

今日は、先日お越しになられたお客様の振袖の小物選びの一風景をご紹介いたします。お母様の振袖をお持ちいただき小物のコーディネートをさせていただきました。振袖は、赤と黒の染め分けで絞りも入った古典文様のお振袖です。帯は金地の重厚感のある古典文様。まず、長襦袢の半衿、緑色の松と赤い梅の刺繍がたっぷり入った半衿を合わせそれに合わせてカラシ色の伊達衿(重ね衿)と白のレースの伊達衿を合わせました。通常伊達衿は一枚で良いのですが、おく宗では2枚重ねます。そうする事で、お顔まわりが華やぐのと、胸に厚みが出るので高級感が増し、小顔効果もあります。次に薄萌黄色(明るい黄緑)の絞りの帯揚(白い花の柄入り)をあわせ、帯〆は白の組みひもに赤い菊の飾りが付いた帯〆を合わせました。帯〆は、赤の帯〆と黒の帯〆も良く合いましたので、非常に迷われましたが、最終的に伊達衿に使った白と良く合う事と白を入れる事で全体が華やぎ、垢抜けた印象になるので、白の帯〆に決まりました。草履とバッグは、金の古典文様の帯地を使った物になりました。赤い菊の文様でかわいさもでています。髪飾りはちりめんのつまみ細工を使った髪飾りです。全体として高級感の中にもかわいさが出て、お客様もとても気に入られ、大満足いただきました。そして、小物でこんなにも印象が変わるものかとびっくりされたのと同時に小物合わせがこんなに楽しいと思わなかったとおっしゃっておられました。このような感じでお客様のお好みとご予算をご相談しながら、色々なご提案をさせていただきます。他のお店で買った振袖だからと遠慮される方がいらっしゃいますが、全く気になさらないでください。いろんな振袖にふれあわせていただき新たな発見などもさせていただいたりして勉強になりますので、ぜひお持ちの振袖がありましたら、お持ちくださいませ。